サーキットを走行した後の振り返りとしては、主に車載動画で振り返るのだけれど、もう少し細かな操作や、弱点の把握など。そして、他人との比較はできないのか?

というときには、データロガーを積んでその結果を見直すことで操作を解析。
丸裸になります。

データロガーの種類もいろいろ


私の周りでは、
・aim-solo (2度ほどお借りして実際に使っています)


・デジスパイス


なんかがメジャーなようです。





iPhone(スマホ)をロガーにできないか?


仕組みは、本体に高精度な加速度センサと、GPS受信機を搭載し、
移動情報はGPSで。車の動きを加速度センサで読み取ってロギングしています。

自分の走りを振り返るのに便利なデータロガーですが、いかんせん値段が高め。
0.1秒を削るために!という場合は導入しても良いですが、
ツキイチの走行会程度であるならばその分のお金でタイヤを買ったほうがタイムが出たりします(汗)
と言うことはおいておいて、

GPSが受信できて、加速度センサーが付いているものといえば、スマホがそうですね。
ということで、データロガーになりそうなアプリがないか探してみると・・・

ありました!

Trackaddict

です。

iPhone Androidの両方のOSに対応しています。
英語版ですが、使い方はそれほど難しくなく、
登録サーキットであれば、スタートライン、各セクターラインがあらかじめ
登録されているので、走るだけで自動に走行状態を蓄積してくれます。
(登録サーキットでなくても、スタートライン・セクターラインを
 自分で入力することで問題なく使用可能)

それに、ラップタイムも表示されるので、ラップタイマーの機能としても使えるのがいいですね。
また、動画も同時に録画でき、各ログデータを動画にオーバーラップして出力できるのも
見栄えの良い車載動画をスマホだけで作成できるのもポイントだと思います。